『言語のレシピ』を読んでいて,本筋ではないのだが,エスキモー(イヌイット)は雪を表す単語を大量に持っているという話は”神話”であるというくだりにぶつかって軽い衝撃を受けた。

実際には,エスキモー族が雪をあらわすのに用いる単語は,普通のスキーヤーよりも少ない。
(ベイカー『言語のレシピ』岩波現代文庫 p. 172)


30以上の単語があるというのは,ウォーフがボアズの指摘を誤った形で紹介したことによって広まった話らしい。
この”神話”が生まれる過程を詳しく調べたマーティンによれば,ウォーフはエスキモーの語彙には雪を表すのに5つの単語があることを示唆するような書き方をしているとのこと(ボアズが具体的に挙げているのは4語だが,うち1つは他の語の変化形と考えるのがよいらしく,3語とすることが多いようだ)。

実際,ウォーフの「科学と言語学」をみてみると(翻訳だけど),以下のように述べられている。

われわれの場合,降ってくる雪,積った雪,氷のように固められた雪,どろどろになった雪,風に吹かれて舞う雪,どれをとっても同じくsnow(雪)と言い,場面に関係ない。イヌイット〔エスキモー〕の人たちにとっては,このような包括的な意味の語は考えも及ばない。エスキモーに言わせれば,降る雪,どろどろの雪,その他さまざまの雪は,感覚的に言っても,対処する仕方から言っても別なもので,別の扱い方をしなければならないものなのである。イヌイット〔エスキモー〕の人たちはそれら一つ一つに違った単語を使うし,それ以外の様々な雪についても同様である。
(ウォーフ『言語・思考・現実』講談社学術文庫 pp. 159-160)


引用した最初の文では,確かに5つの場合が挙げられていて,後の文でイヌイットの人たちはそれらを区別すると書いてあるので,少なくとも5つの語があるかのような印象を受ける。
いちおうウォーフを弁護してみると,この論文の図2には,雪を表すことばは英語は1語だがエスキモー語は3語とあるので,5つもないよというのは注意深い人にはわかるようになっている。
それでも,この書き方はやっぱり不親切だし,3つよりもはるかに多い印象を与えるという意味で学術的著作としては”不適切”かもしれない。

このウォーフの引用に尾ひれがついて,その後,いろいろなメディアで紹介されるたびに数がどんどん増えてしまい,しまいには50とか100とか200になってしまった。
ちなみに100にしているのはタイムズ紙で,200というのは地方テレビ局の番組とのこと。
私も10くらいの単語があるものとすっかり思い込んでいたので,この結果には驚いた。
つごうのいい例というものには気をつけないといけないということか。

一方で,このことを盾に言語相対性仮説は間違っていると強く主張する人もいるようだが,それもまた短絡的な話である。
上で述べた事情を踏まえると,エスキモーの雪の語彙を根拠にして言語相対性仮説を主張するのは間違いかもしれないが,だからといって他にこの仮説を支持する証拠がないということにはならない。
確かに,最初に挙げられた根拠が間違っていたというのは著しく心証が悪いが,それによって他の証拠が存在しないということにはならない。
また,よくもわるくも,言語相対性仮説は語彙の存在だけに関係するものではない。
この点がまた事をややこしくして,簡単に立証することも反証することもできなくなっている気もするのだが。

2011.03.12 Sat l 認知科学 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://meanstrings.blog114.fc2.com/tb.php/43-8bbe532d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)